【ステップメール配信システムのアスメル】ユーザー数のべ14925社を突破!
 
お名前
E-MAIL

URLのクリック率を高める3つのポイント

 

以前の記事でメールの到達率を高める方法メール開封率を高めるためのポイントについてお話ししてきました。

 

いずれも重要なテーマですが、やはり最終的には売上につなげたいというお気持ちがあるかと思います。

 

つまり、ただメールを読んでもらうだけでなく、LP(ランディングページ)や、決済リンクなどのURLをクリックしてもらう必要があるのです。

 

ということで、最後にURLのクリック率を高める方法についてご紹介します。

 

ポイント1「ファーストビューにURLを配置する」

 

まず1点目のポイントは「ファーストビューにURLを配置する」ということです。(ファーストビュー=スクロール無しで表示される領域のこと)

 

メールを開封してくれた読者全員が、必ずしも本文をスクロールして、最後まで文章を読んでくれるとは限りません。

 

そのため、クリック率を高めるにはメールを開いた読者が必ず目にする領域にURLを設置することがポイントです。

 

もちろん、ただURLを貼り付けるだけでは読者もどうして良いか分かりませんので、クリックを誘う文言(コピー)とセットで載せておく必要があります。

 

注意点としては、毎回ファーストビューにLPのリンクや、決済用のURLが書かれていると、それはそれで売り込みとして嫌われる可能性があるということです。

 

そのため、「強い煽り言葉の使用を控える」「売り込みとコンテンツ提供のバランスを意識する」という点には、配慮が必要です。

 

ポイント2「複数箇所にURLを配置する」

 

遷移先のURLは、ファーストビューだけでなく本文途中にも適宜挿入されることを推奨します。

 

1つ目のURL(ファーストビューに配置)でクリックしなかった読者も、本文を読み進めるうちに気が変わる可能性があるからです。

 

その際、読者に対して「もう一度メールの最初に戻って…」という手間をかけるのは好ましいことではありません。

 

だからこそ、本文途中に適宜URLを配置するようにしましょう。

 

文章ボリュームにもよりますので、一概には言えませんが、基本的には「書き出し」「中盤」「締めくくり」の3箇所に配置されることを推奨いたします。

 

その際、見込み客に刺さりそうなコピー(誘導文)を3種類用意して、それぞれのクリック率を計測されると良いですね。

 

ポイント3「訴求力の強弱に配慮する」

 

これに関しては賛否両論あるかもしれませんが、私は強い煽り言葉でクリックを促すよりも、読者にきちんとメリット・ベネフィットを伝えた上で、最終的な判断を読者に委ねるような表現の方が望ましいと考えています。

 

強い煽り言葉というのは例えば...

 

「今すぐクリックしてください!」
→URL

 

「残席わずか!お急ぎください!」
→URL

 

「【警告】締め切りまであと30分です!」
→URL

 

という類の表現ですね。

 

あなたのメールボックスにも同じようなメッセージが届いたことがあるかもしれませんが、読まれてみてどんな気持ちがするでしょうか?

 

個人的には「急かされている」「無理やり動かそうとされている」ような気がして、不快な印象を受けます。

 

このような表現によって、もしかすると一時的にクリック率を高めることは出来るかもしれませんが、長期的には良い結果にならないと考えます。

 

クリック率を高めたいからといって、あまり強い煽り言葉を多用しないように気をつけましょう。

 


*ただいまアスメルの説明会を開催中です。

アスメル説明会

 

 

 

ステップメールのアスメルのお申込み方法、料金、
お支払い方法等についてはこちらをご覧下さい。

※申込多数による在庫切れはご了承ください。