【ステップメール配信システムのアスメル】ユーザー数のべ14925社を突破!
 
お名前
E-MAIL

メールマーケティングに役立つ心理学「カクテルパーティー効果」

 

パーティー会場などの騒がしい場所で、自分に関係する言葉だったり、気になる人の会話、興味に関連した単語だけが耳に飛び込んでくるという経験をされたことはないでしょうか?

 

これを「カクテルパーティー効果」と言います。

 

カクテルパーティー効果は、1953年にイギリスの心理学者コリン・チェリー(Edward Colin Cherry)氏によって提唱された心理現象です。

 

コリン・チェリー氏は「カクテルパーティー効果」について、以下のような実験を行いました。

 

1、被験者の左右の耳に異なる音声刺激を同時に聞かせる。
2、一方の耳にだけ注意を傾けてもらう。

 

結果、指定した方の音声は良く聞き取り、内容も理解していました。

 

しかし、もう一方の音声は、ほとんど記憶されていなかったのです。

 

この実験により「人間は注意を向けた情報を優先して拾い、注意を向けなかった情報は排除してしまうこと」が判明しました。

 

更に実験は続きます。

 

今度は注意を傾けるように言われた方とは反対側の耳に、「被験者の名前」を入れた上で二つの話しを流しました。

 

結果、被験者は自分の名前が聞こえてきた方の内容をよく理解し、反対側(集中して聞くように言われていた方)から流れていた内容は、あまり記憶していませんでした。

 

この実験結果から、人間は自分にとって優先度の高い情報を優先的に収集することが分かります。

 

今回ご紹介したカクテルパーティー効果をメールマーケティングに活用するにはどうすれば良いでしょうか?

 

例えばメールの件名に「読者の名前」を挿入するなどの方法が考えられます。

 

あるいは、メールマガジンの読者が反応しそうな話題や、キーワードを意図的に盛り込んでいくというのも有効な方法です。

 

ここでご紹介したのはあくまでも一例ですが...

 

どのように表現すれば読者からみて「自分事」として、受け止めて頂けるかを考えることが、メールマーケティング成功に繋がっていきますので、是非実践されてみてください。


*ただいまアスメルの説明会を開催中です。

アスメル説明会

 

 

 

ステップメールのアスメルのお申込み方法、料金、
お支払い方法等についてはこちらをご覧下さい。

※申込多数による在庫切れはご了承ください。