【お知らせ】新型コロナウイルス緊急支援実施中(初期費用16,500円⇒15,000円)

「接触回数」を重視する。【ステップメールコラム第1話】

コラム

今回も売上増に役立つ「ステップメール活用」のポイントについてお届けします。

ステップメールはまずはとにかく「回数」を出すことが大切です。

なぜでしょうか?

接触回数に比例して、効果も高まるからです。効果とは利益や売上に対することです。

「ザイアンスの効果」をご存知ですか?

ザイアンスの効果とは、「人は接触回数が多ければ多いほど、好意的になる」という心理学者ザイアンス氏の研究結果の一つです。

もし、あなたが確実に販売実績を伸ばしたければ、商品の素晴らしさを語るよりも簡単な方法があります。ただ単純に接触回数を増やせば、相手はあなたに対して好意的になり、販売実績に比例するのです。これはメールでも同じです。見込み客が、あなたの会社・お店のメールに触れる回数が多ければ多いほど売上げに反映してくるのです。

よく、ホームページでメールマガジンなどに登録させる仕組みを見かけます。
しかし、登録者に対してのメール送信を1回だけで終わっていませんか?
または、数ヶ月に1回しかフォローしなかったりしていませんか?

残念ながら、それだけのフォローでは、見込み客はあなたに好意を示す事はありません。
万一、奇跡的に買ってもらったとしても、長続きしません。

本当に優秀な経営者は、見込み客に対し、「労せずして接触回数を増やす仕組み」を築いています。接触回数を増やすことをステップメールなどでシステム化してしまうのです。

どんなに優秀でない営業マンでも接触回数を増やせば営業成績は伸びます。だから、接触回数を増やすための「仕組み」を作るのです。

そのためには、ステップメールは有効です。

なぜなら、「自動」で接触回数を増やすことができるからです。

あらかじめステップメールで設定しておけば、後は、自動的にメールフォローし、接触回数を増やし、あなたのお店・会社の好意を寄せさせることができるのです。

ですから、まずは、質よりも「量」を重視してください。
とにかく見込み客にステップメールやメルマガを送ること、そして、接触回数を増やすことです。質を高めるのは後からでも十分に間に合います。

タイトルとURLをコピーしました